このページの先頭へ

ご挨拶

 当社は、システム設計・ハードウェア設計・ソフトウェア設計・メカ設計を含めた総合技術開発メーカーとして事業を展開1977年10月に設立し、それまで培ってきた技術を活かしてハードウェア及びソフトウェア設計を中心に営業を開始しました。
 1982年には埼玉県羽生市に羽生工場を設立。製造部門を立上げて開発・設計・製造まで一貫した生産システムを構築し、お客様から多大なるご支援をいただき今日まで発展・成長してまいりました。
 幸大ハイテックは、これからもお客様から厚いご支持をいただける様に安心安全を実現させる技術・製品を提供する「生命産業カンパニー」として、ものづくりと人づくりを追求してまいります。

代表取締役社長

 

会社概要・組織図

社  名

株式会社幸大ハイテック
KODAIHITEC.,co.ltd

所 在 地 〒348-0016 埼玉県羽生市大沼二丁目45番地(アクセスマップ
電話番号 TEL: 048-565-1511(代)
代表者 藤野 宏行
設  立 1977年10月6日
資 本 金 100百万円
役員構成

代表取締役社長 藤野 宏行
    取締役 西口 洋二郎
    取締役 小松原 修
    取締役 齋藤 幸男
    監査役 本間 修

事業内容

医療機器・産業機器・メカトロ機器・プリント基板の多種多様な設計から生産、保守サービス
 設計:回路設計・構造設計・ソフトウェア設計・機構設計など
 生産:半田付け・組付・組立・配線など
 ※大型装置や設備などの設置工事も承っております。

従業員数 62名
取得資格

医療機器品質 EN ISO13485(Q5 048910 0010 Rev.03)
医療機器製造業(11BZ006006)
医療機器修理業(11BS200068)
第二種 医療機器製造販売(11B2X10016)
指定管理医療機器製造販売(223AABZX00005000)
動物用医療機器製造業(29製造療第569号)
品質ISO9001:2015(20004884QM15)
環境ISO14001:2015(20004884UM15)

 

組織図

 

沿 革

1977年10月 大陽工業株式会社の電子機器部門から分離・独立して株式会社幸大を資本金2,500万円で設立。
1979年10月 資本金5,000万円に増資。製造部門設立。
1981年10月 資本金100百万円に増資。
1982年03月 埼玉県羽生市に工場移転。
1985年02月 同敷地内に工場増設。
1987年04月 株式会社幸大ハイテックに社名変更。UL規格認証取得。
1992年07月 同市内に工場増設。
1997年03月 品質ISO9002認証取得。
1999年05月 品質ISO9001認証取得。 ※品質ISO9002の上位規格
2000年02月 環境ISO14001認証取得。
2002年03月 医療用具製造許可証の取得。
2005年10月 医用機器品質ISO13485認証取得。
2008年02月 医療機器修理業許可証の取得。第二種 医療機器製造販売業許可証更新。
2008年10月 欧州医用機器品質認証取得。
2010年01月 品質ISO審査機関の変更。
2011年01月 指定管理医療機器(オージオメーター/聴力検査機)製造販売認証取得。
2015年06月 指定管理医療機器(アネジェクトII/電動注射器)製造販売認証取得。
2017年09月 動物用医療機器製造業認証取得。
2018年06月 多様な働き方実践企業としてゴールド認定企業からプラチナ認定企業に昇格。
2020年08月 点滴検出器に関する共同特許取得。

 

役員一覧

役 職 氏 名 備 考
代表取締役社長 藤野 宏行
取締役 西口 洋二郎 営業本部長
取締役 小松原 修 工場長 兼 医療機器事務局長(埼玉県薬事団体連合会 理事)
取締役 齋藤 幸男 営業本部 営業部長
監査役 本間  修

 

グループ企業

グループ 分社グループ 全16社(2021年3月現在)
総従業員数 約2,100名
総売上高 総売上高 460億円(2021年3月期末実績)
関連企業

大陽工業株式会社
インテグラン株式会社
株式会社大昌電子
サンマレット株式会社
セブンヒルズ株式会社
富士精密株式会社
丸忠デジタル株式会社
大金電子工業株式会社
株式会社マグトロニクス
株式会社ダイチューテクノロジーズ
ソリッドムール株式会社
株式会社サテリット
株式会社トライターム
株式会社ニューシステムテクノロジー

 

品質・環境

医療品質ISO・品質ISO

TUV ISO13485:2016

UL ISO9001:2015

理 念
 株式会社幸大ハイテックは、品質と真剣に向き合い、原因・対策や知識化などから学び、さらにそれを活かすことが、当社や社会にとってどんなメリットがあるのか、視点を広げ、具体化し、課題を自分で設定する力を身につけ、より発展したモノづくりを具現させる品質マネジメントシステムを確立し、顧客の要求にこたえる品質を維持し、利益の出る企業にしていく為の経営方針を達成するためのツールとして位置づけ、顧客と社会に貢献する。
方 針
 社員全員が高い人間力を身につけて、顧客に最高の品質・コスト・サービスを提供することを理念に掲げ、徹底したムダ取りにはじまる業務プロセスの改善や効率化を実現し、「驚きと感動を与える魅せる工場づくり」をスローガンとして以下の施策に基づき、お客様の満足を得る努力をする。
(1)

ISO9001/13485並びに適用される法規制に基づく品質マネジメントシステム構築を行い、全従業者参加の下に
1.自部門の業務を見える化し、部門間の壁を無くす。
2.業務を監視して、目的が効率よく達成できるよう継続的に改善する。
3.前工程からの影響と後工程への影響を考えて、業務の繋がりの部分の効率を上げる。
4.各業務の集まりを1つのシステムとして考え、システム全体の効率を上げる。
 上記の内容を実行し、顧客満足の向上に努める。

(2) 顧客要求事項、規制要求事項及び当社が設定した要求事項を遵守する。
(3) 品質方針を達成するために、目標値を設定し、PDCAサイクルを活用し、活動内容を見える化し、全従業者に周知するとともに目標達成に向け一丸となり、完全活動を実行する。

環境ISO

UL ISO14001:2015

理 念
 株式会社幸大ハイテックは、「地球環境との共存」が人類共有の最重要課題の一つとして位置付け、企業活動のあらゆる面で「発展と環境保全の両面」を基本コンセプトとして社会に貢献する。
方 針
 株式会社幸大ハイテックは、世界に通用するOEMメーカーとして、医療機器、産業機器、情報周辺機器、マルチメディア機器等の設計・製造・サービスに関する活動拠点として機能を持ちつつ、「地球にやさしいグリーンハイテックカンパニー」をスローガンとして、以下の方針に基づき環境管理を行う。
(1) ISO14001に基づく環境マネジメントシステムの構築を行い全従業者参加の下に環境保全活動を推進し、システムの継続的改善を図り、環境汚染を予防する。
(2) 環境関連の法律・規制及び当社が同意したその他の要求事項を遵守する。
(3) 当社は、環境方針を達成するため、文書化し、実行し、維持し、全従業者に周知し、理解と協力を要請する。

UL規格

 UL規格は、Underwriters Laboratories Inc.の認証規格で、材料から製品まに至るまで機能や安全性の標準化を目的とした規格となっており、当社では1987年に一部の製品について認証取得しています。

 

お問い合わせ

製品・営業、その他に関するお問い合わせ

求人・採用に関するお問い合わせ

 048-565-1511(代)

 048-565-1511(代)

メールフォームはこちら  メールフォームはこちら

お電話:平日9:00〜17:00まで

メール:24時間受付

お電話:平日9:00〜17:00まで

メール:24時間受付